2008年10月15日水曜日

Little India




多くのインド系シンガポール人が暮らすここには、言うまでもなくインド街があります。もちろん観光スポットの一つとしても、人気の場所ではあるけど、インド系の人々にとっては無くてはならない存在が、Little Indiaです。ヒンドゥー教寺院はインド系の人たちには欠かせない神聖な祈りの場所。特に週末には生花で長い黒髪を飾り、Sariを纏った女性たちが、大勢お祈りに行きます。またインド料理には不可欠のスパイスや食材市場あり、民族衣装を仕立てる生地屋さんがズラ〜っと道沿いに並びと、本当に地域に密着し、インド系の人たちの生活を支えるた大切な役割を果たしています。もちろん、おびただしい数のインド料理店も立ち並んでいるけど、どこに入ってもハズレなし!という感じです。

きょうのお目当ては、南インド料理です! インドと一言で言っても広い。大きく分けると北と南。やっぱり南インドの方がシンガポールに近くて来易いということなのか、南インド料理のお店が多いような気がします。個人的な好みですが、私は北インド料理よりも、南インド料理が好きなんですよね。北のほうは、どちらかというと南よりもこってりしていて、カレーのソースなんかもけっこう濃厚。

比べて、南インド料理はカレーのソースにしてもとってもサラリとしたものが多く、味もアッサリめ。ヴェジタリアン料理も多いです。写真はThaliといって、いろいろな種類のカレーや煮込み野菜、ご飯もの、ヨーグルトソース、そしてデザートまでが一緒のバナナの皮の上に乗って来るもの。大きく膨らんだのがPuriという揚げたパンみたいなの。中は空洞になっています。折り畳んでいる方がChapatiといって、これもうすいパンみたいなんだけど、メキシカンのトルティーヤみたいな感じ。このプレートは、シグニチャーの味がいろいろと楽しめて、すっごく得した気分になります。

ちなみに、ウェイターさんに指導されたことが一点あって、スープがさらさらのものにはご飯ものを合わせ、thickなカレーなどはパンですくって食べるというのが基本らしい。私がパンをスープに浸して食べていたら、見兼ねたようにツカツカとやって来て、「これはこっち、それはこれで!!」って叱られたのだ。スンマへ〜ン:( と思いながら、言われた通りに食べていたら、満足顔で戻って来て、「どうだ、美味しいだろ!」みたいなことを言っていたと思うけど、実際はわからんかった!? バークレーでもインド料理はよく食べに行ったけど、指導はしてくれなかったな〜。

もし南インド料理に興味があるなら、一店バークレーにあります。University AvenueとMLKの角、"Udupi Palace"です。カジュアルなお店。何度か行ったけど、とっても美味しかったです。ディナーは混んでいる事が多いけど、ランチならゆっくりできると思います!

4 件のコメント:

Yasu さんのコメント...

南と北で味が違うんですね~知らなかった!
でも、ナンではなくてトルティーヤみたいな薄いパンで食べるんですね。
バークレーのあの辺りはインド料理屋や食材店、洋服の仕立て屋さんもありますよね。
今度そのレストランに行ってみます!

RIE さんのコメント...

ね〜、私も何度かしか食べてないけど、だんだん違いが分かってきたところです!
もしかすると、味が薄いって思うかもしれません:)

Sachiko さんのコメント...

私のインディアン レストランでの注文というと、決まってタンドリーチキン、チキンマサラとナン。。。やねん。
スパイシーなのは苦手やし、食べ物では冒険できない性質なもので^^;つまらんわ~。この写真の品数すごいよねー。
好きな人にはすごくお得なセットやね!
ところでー 前から聞こうと思っててんけど、こっちと時差は何時間あるの?

RIE さんのコメント...

さちこさんのご注文は北インド料理になるんだよね!そう、それも美味しい、確かに!! 好きなもんは好きやねんもん、何度でも注文してしまうのは当たり前!もしかすると、南インド料理はさちこさんにとっては少し物足りないかも、、、味的に薄いです。

シンガポールとカリフォルニアの時差は15時間。日本とは1時間差で、日本がシンガよりも1時間は早いです:D